I2Cセンサ(ADXL34x)のFIFOモードを使用する

本モードは 10 サンプル分のデータを蓄積し送信するので、最大 100Hz と高いサンプリング周波数での加速度の取得が可能となります。
振動などの加速度の計測をするのに適しています。

本モードを使用される場合にはインタラクティブモードにて、センサモード(m)を0x35、センサ固有のパラメータ(p)を1024に設定してください。

設定例

本モードは設定に応じて加速度のサンプリングの間隔や計測する回数、計測する間隔を設定することができます。例えば1秒の計測を10秒間隔で行うというような設定が可能です。

設定によっては電池消費を少なくできるため、長期間データを取得することができます。

親機でのUART出力

子機で得られたセンサ情報を親機の出力形式別に説明します。

本モードは 1 パケット当たりのデータ量が多いため、親機の出力モードがセミコロン区切りもしくは書式モードでのみ出力されます

セミコロン区切り(SimpleTag v3)形式

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000020に変更することで以下のようにパソコンで処理しやすい表示形式に変更することができます。

;33.90;00000000;150;002;1021745;2495;00fa;0000;1290;0641;X;-024;0168;-936;
;*1   ;*2      ;*3 ;*4 ;*5     ;*6  ;*7  ;*8  ;*9  ;*10 ;*11;*12;*13;*14 ;
;;;;;;;;;;;;0148;-060;-1160;
           ;*15 ;*16 ;*17  ;
;;;;;;;;;;;;-016;0020;-948;
           ;*18 ;*19 ;*20 ;
;;;;;;;;;;;;0064;0112;-824;
           ;*21 ;*22 ;*23 ;
;;;;;;;;;;;;0120;0092;-928;
           ;*24 ;*25 ;*26 ;
;;;;;;;;;;;;0128;0044;-1032;
           ;*27 ;*28 ;*29  ;
;;;;;;;;;;;;0084;0044;-1048;
           ;*30 ;*31 ;*32  ;
;;;;;;;;;;;;-020;0100;-888;
           ;*33 ;*34 ;*35 ;
;;;;;;;;;;;;-016;0104;-992;
           ;*36 ;*37 ;*38 ;
;;;;;;;;;;;;0136;0072;-968;
           ;*39 ;*40 ;*41 ;

このデータは以下のような情報が記述されています。

以降加速度の繰り返し

カンマ区切り形式

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000040に変更することでTeratermなどでログを保存したときにExcelなどの表計算ソフトで読み込みやすい表示形式に変更することができます。

,33.90,	00000000,150,002,	1021745,2495,	00fa,0000,1290,0641,X,-024,0168,-936,
,*1   ,*2      	,*3 ,*4 ,*5     	,*6 ,*7    ,*8  ,*9  ,*10 ,*11,*12,*13,*14 ,
,,,,,,,,,,,,0148,-060,-1160,
           ,*15 ,*16 ,*17  ,
,,,,,,,,,,,,-016,0020,-948,
           ,*18 ,*19 ,*20 ,
,,,,,,,,,,,,0064,0112,-824,
           ,*21 ,*22 ,*23 ,
,,,,,,,,,,,,0120,0092,-928,
           ,*24 ,*25 ,*26 ,
,,,,,,,,,,,,0128,0044,-1032,
           ,*27 ,*28 ,*29  ,
,,,,,,,,,,,,0084,0044,-1048,
           ,*30 ,*31 ,*32  ,
,,,,,,,,,,,,-020,0100,-888,
           ,*33 ,*34 ,*35 ,
,,,,,,,,,,,,-016,0104,-992,
           ,*36 ,*37 ,*38 ,
,,,,,,,,,,,,0136,0072,-968,
           ,*39 ,*40 ,*41 ,

このデータは以下のような情報が記述されています。

以降加速度の繰り返し

書式モード(アスキー形式)

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000100に変更することで以下のようにパソコンで処理しやすい表示形式に変更することができます。

:80000000A20043810213690035B1055502B4FA0A000800080470FFF000080460FFDC0020042CFFCC000403F8FFC0FFE403DCFFDCFFB004080000FF980464FFE0FFA004C80058FF8C04340074FFE4080CE8

このデータは以下のような情報が記述されています。

シリアル電文意味
:ヘッダ
80000000中継機のシリアルID(中継していない場合は0x80000000)
A2LQI
0043シーケンス番号
81021369子機のシリアルID
00子機ID
35パケット種別(ここではADXL34xの場合は0x35)
B1電源電圧
変換式は下記の通りです。

シリアルの読み値(i)が 170以下の場合
電源電圧値(mV) = (1950+i*5)

シリアルの読み値(i)が 170より大きい場合
電源電圧値(mV) = (2800+(i-170)*10) )
0555ADC1 (mV)
02B4ADC2 (mV)
FAADXL34xのモード番号
0A本パケットに入っている加速度のサンプル数
0008X軸の1サンプル目の加速度(mg 符号付)
0008Y軸の1サンプル目の加速度(mg 符号付)
0470Z軸の1サンプル目の加速度(mg 符号付)
FFF0X軸の2サンプル目の加速度(mg 符号付)
0008Y軸の2サンプル目の加速度(mg 符号付)
0460Z軸の2サンプル目の加速度(mg 符号付)
E8チェックサム

書式モード(バイナリ形式)

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000300に変更することで以下のようにパソコンで処理しやすい表示形式に変更することができます。

A5 5A 80 50 80 00 00 00 6F 07 DE 81 02 13 69 00 35 86 05 46 02 A0 FA 0A 00 64 FF 90 FC C0 00 E0 FF B0 FC FC 00 58 FF E0 FC C4 00 00 FF A8 FC AC 00 94 00 3C FC B8 FF D8 00 24 FD 04 00 18 FF AC FC B0 00 38 FF F8 FC C0 00 3C FF B8 FC D0 00 34 FF C8 FC CC FB 04

このデータは以下のような情報が記述されています。

FIFOモードで計測したデータから最大・最小・平均値を計算し送信する

本機能はFIFOモードで計測した各軸の加速度の最大・最小・平均値を計算して親機に送信するモードです。

本モードを使用される場合にはインタラクティブモードにて、センサモード(m)を0x35、センサ固有のパラメータ(p)を1024に設定してください。

親機でのUART出力

子機で得られたセンサ情報を親機の出力形式別に説明します。

本モードは FIFOモードと同様で親機の出力モードがセミコロン区切りもしくは書式モードでのみ出力されます

セミコロン区切り(SimpleTag v3)形式

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000020に変更することで以下のようにパソコンで処理しやすい表示形式に変更することができます。

;108;00000000;138;010;1021369;2960;00F9;0000;1297;0692;X;0024;0030;0032;-032;-026;-024;-1008;-998;-956;10;
;*1 ;*2      ;*3 ;*4 ;*5     ;*6  ;*7  ;*8  ;*9  ;*10 ;*11;*12;*13;*14 ;*15 ;*16 ;*17 ;*18  ;*19 ;*20 ;*21 ;

このデータは以下のような情報が記述されています。

カンマ区切り形式

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000040に変更することでTeratermなどでログを保存したときにExcelなどの表計算ソフトで読み込みやすい表示形式に変更することができます。

,108,	00000000,138,010,	1021369,2960,	00F9,0000,1297,0692,X,0024,0030,0032,-032,-026,-024,-1008,-998,-956,10,
,*1 ,*2      	,*3 ,*4 ,*5     	,*6  ,*7    ,*8  ,*9  ,*10 ,*11,*12,*13,*14 ,*15 ,*16 ,*17 ,*18  ,*19 ,*20 ,*21 ,

このデータは以下のような情報が記述されています。

書式モード(アスキー形式)

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000100に変更することで以下のようにパソコンで処理しやすい表示形式に変更することができます。

:8000000084058F810213690035B9051602B9F90018001B0020FFE4FFE6FFE8FC10FC1BFC4C000A35

このデータは以下のような情報が記述されています。

シリアル電文意味
:ヘッダ
80000000中継機のシリアルID(中継していない場合は0x80000000)
84LQI
058Fシーケンス番号
81021369子機のシリアルID
00子機ID
35パケット種別(ここではADXL34xの場合は0x35)
B9電源電圧
変換式は下記の通りです。

シリアルの読み値(i)が 170以下の場合
電源電圧値(mV) = (1950+i*5)

シリアルの読み値(i)が 170より大きい場合
電源電圧値(mV) = (2800+(i-170)*10) )
0516ADC1 (mV)
02B9ADC2 (mV)
F9ADXL34xのモード番号
0018X軸の加速度の最小値(mg 符号付)
001BX軸の加速度の平均値(mg 符号付)
0020X軸の加速度の最大値(mg 符号付)
FFE4Y軸の加速度の最小値(mg 符号付)
FFE6Y軸の加速度の平均値(mg 符号付)
FFE8Y軸の加速度の最大値(mg 符号付)
FC10Z軸の加速度の最小値(mg 符号付)
FC1BZ軸の加速度の平均値(mg 符号付)
BFC4CZ軸の加速度の最大値(mg 符号付)
000A最大値や平均値などを計算した際のサンプル数
E8チェックサム

書式モード(バイナリ形式)

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000300に変更することで以下のようにパソコンで処理しやすい表示形式に変更することができます。

A5 5A 80 27 80 00 00 00 7B 07 E6 81 02 13 69 00 35 B9 05 16 02 B9 F9 00 1C 00 1E 00 24 FF E0 FF E3 FF EC FC 14 FC 1D FC 48 00 0A BF 04

このデータは以下のような情報が記述されています。